むさしの逍遥会はハイキング、ウォーキング、街歩きを楽しむ中高年グループです。

山旅、奥武蔵

  1. ホーム(目次) »
  2. ハイキング 奥武蔵 顔振峠、関八州見晴台

顔振峠・関八州見晴台


地域奥武蔵 顔振峠(かあぶりとうげ、こうぶりとうげ)、関八州見晴台
コース西武秩父線吾野駅~顔振峠~傘杉峠~花立ノ松峠~関八州見晴台~高山不動尊~西吾野駅
実施日2018年11月15日
歩行時間(休憩含む)5時間40分 標準コース時間(4時間25分)
天候晴れ

コース概要

 埼玉県飯能市西武秩父線吾野駅標高170mを出発し北の顔振峠、標高500mを目指し高度を上げる。峠からの展望を楽しんだ後、稜線沿いの林道を北西に歩き関八州見晴台771mへ。ここでも展望を楽しみ、森の中を南に高度を落とし高山不動尊へ。さらに南西に向かい西吾野駅250mが終着点。

顔振峠、関八州見晴台コース地図、高低図

西武秩父線吾野駅前
西武秩父線吾野駅前

標高170m、ここから出発。平日だが多くのハイカーがこの駅で降りた。老人がほとんどだ。

吾野湧水
吾野湧水

駅近くの湧水を水筒に詰める。


登山道
登山道

森の中の登山道

顔振峠近く
顔振峠近く

登山道を1時間ほど登ると展望が開ける。遠くに武甲山(右上)が顔を覗かせる。


顔振峠
顔振峠

近くに茶屋が2件ある。林道を自転車で登ってきた人もここで一休み。

顔振峠からの展望
顔振峠からの展望

遠くに富士、写真では見ずらいが。


傘杉峠
傘杉峠

林道をしばらく歩くと黒山三滝からの登山道と合わさる。

花立松ノ峠
花立松ノ峠

関八州見晴台
関八州見晴台

標高771m

関八州見晴台
関八州見晴台

見晴台からの展望。近くに色づいた木々。遠くは霞んでいる。


関八州見晴台
関八州見晴台

見晴台からの展望

関八州見晴台
関八州見晴台

見晴台のやしろ


高山不動尊
高山不動尊

平日のせいか閑散としている。トイレ、自動販売機が設置されている。

登山道
登山道

いく手を何本もの倒木が遮る。


西吾野駅
西吾野駅

着きました。標高250m。駅前に商店等はない。


経過と感想

 薄い長袖シャツでスタート。暑すぎず、寒すぎず気持ちがいい。一般道、林道、細い登山道と進む。顔振峠は展望がいい。奥武蔵、奥多摩、富士がよく見えた。ここで昼食。
 関八州見晴台までの道は日陰で風があり寒い。人もほとんどいない。登山道は何度も一般道を横断するが、道標がしっかりしていて道迷いはない。関八州見晴台も展望がよく、都心やその向こうの房総、太平洋まで見渡せる。関八州見晴台から西吾野駅までは所どころ倒木が道を塞いでいた。乗り越えるのが大変なところが一か所あった。登山道の整備はいま一つだな。

⇑ このページの先頭へ