むさしの逍遥会はハイキング、ウォーキング、街歩きを楽しむ中高年グループです。

山旅、奥武蔵

  1. ホーム(目次) »
  2. ハイキング 奥武蔵 伊豆ヶ岳

伊豆ヶ岳・子ノ権現


地域奥武蔵 伊豆ヶ岳・子ノ権現
コース西武秩父線正丸駅~五輪山~伊豆ヶ岳~高畑山~天目指峠~子ノ権現~吾野駅
実施日2017年5月21日
歩行時間(休憩含む)6時間40分
天候晴れ

コース概要

西武秩父線南側に位置する伊豆ケ岳に登り、アップダウンを繰り返し子ノ権現へ縦走する。ひたすら高度を下げ吾野駅へ。 登山道はほとんど森の中で視界が開けるところは僅か。一部岩場があるが、鎖が設置されている。累積標高差870m、 標準コースタイム5時間のところを、休憩を含め6時間40分で歩いた。

西武秩父線正丸駅
西武秩父線正丸駅

ここから出発

馬頭観音前
馬頭観音前

ここから伊豆ケ岳への登山道が始まる。


明るい登山道
明るい登山道

歩きやすい

五輪山頂上
五輪山頂上

広い空き地に多くの登山者が休んでいた


伊豆ケ岳に向かう男坂
伊豆ケ岳に向かう男坂

先行する登山者

男坂の鎖
男坂の鎖

上部から見下ろしている


男坂上部からの風景
男坂上部からの風景

丸山方面、このコースは展望の開けるところは少ない

伊豆ケ岳頂上
伊豆ケ岳頂上

ここも多くの登山者で賑わっていた。


古御岳頂上
古御岳(こみたけ)頂上

伊豆ケ岳頂上が混雑していたのでここでお昼にした。

トレランランナー
トレランランナー

トレランの大会があり、たくさんの競技者が通過していった。高麗駅発、武甲温泉(横瀬駅近く)ゴールという。女性や年配の方もだいぶいた。すれ違い時の競技者のマナーは良いものだった。


天目指峠
天目指峠

ここから子ノ権現への登りが始まる。少し疲れてきた。

子ノ権現からの景色
子ノ権現からの景色

奥多摩方面が霞んで見える


子ノ権現天龍寺
子ノ権現天龍寺

境内にある大きな下駄。となりに大きなわらじが立てかけてある。

吾野駅近くの法光寺
吾野駅近くの法光寺

境内に宮城県名取市のお寺から預かっている鐘があった。東日本大震災で被災したお寺の釣り鐘を復興するまで預かるという。
⇒2018年6月6日の新聞に、預けたお寺が復興したので釣り鐘を返還する旨の記事があった。7年3ヶ月の月日。


経過と感想

伊豆ケ岳頂上でトレランランナーとすれ違った。以後2時間以上ランナーとすれ違う。「リタイアして風呂に入りたい」 と訴えている人、金太郎のいでたちで参加している人、転倒したのか膝から血を流している人などいろいろ。楽しそうだ。 年配のランナーを沢山見た。何か力をもらった気がする。最後尾を知らせるスタッフとすれ違った後は登山道は急に寂しくなった。 すれ違う時、気を遣う場面が多かったが、かえって今回の山行を楽しくしたように思う。

⇑ このページの先頭へ