むさしの逍遥会はハイキング、ウォーキング、街歩きを楽しむ中高年グループです。

山旅、奥多摩

  1. ホーム(目次) »
  2. ハイキング 奥多摩 青梅丘陵

青梅丘陵


地域東京都青梅市
コースJR東 青梅線青梅駅 198m→青梅鉄道公園→矢倉台→三方山(さんぽうやま)454m→名郷(なごう)峠→雷電山 494m→榎(えのき)峠→JR軍畑駅
実施日2021年10月24日(日)
歩行時間(休憩含む)5時間25分 標準コース時間(4時間35分)
天候晴れ

コース概要

 青梅丘陵はJR青梅線青梅駅(198m)~軍畑(いくさばた)駅の北側に位置する標高240m~500mの丘陵地帯であり、ハイキングコースが整備されている。今回は青梅駅を出発し、北上。緩やかな道を西に進み、矢倉台まで進む。ここからコース後半の榎(えのき)峠まではアップダウンありの登山コースとなり、何か所かのピークもある。榎峠からは一般道路を南下し軍畑駅へ。標準コース時間4時間35分のコース。

青梅丘陵コース地図、高低図

JR青梅駅
JR青梅駅

ここから出発。

シキザクラ
シキザクラ

色々な種類の桜の木がある公園にシキザクラが咲いていた。


青梅鉄道公園
青梅鉄道公園

10時開園を待つ家族連れ

富士山
富士山

雪をかぶった富士山、頭だけが見えた。


ハイキングコース
ハイキングコース

広く、緩やかな道。多くのハイカーと家族連れが歩いていた。

第一休憩所
第一休憩所

コースの少し脇にキノコ型の傘と長椅子など。


第二休憩所
第二休憩所

トレイルランナー
トレイルランナー

走っている人も


第三休憩所
第三休憩所

青梅の街並み
青梅の街並み

街並みと多摩川が見える。コースは木々に覆われているが、時々展望が開ける。


第四休憩所
第四休憩所

10~15分おきに休憩所が設置されている。

矢倉台(物見櫓)
矢倉台(物見櫓)

史跡・矢倉台の休憩所。ここまで緩い登りが続いていた。


日向和田(ひなたわだ)駅への分岐
日向和田(ひなたわだ)駅への分岐

ここで南の日向和田駅へ向かうコースもある。ショートカットコースはいくつかあった。今回は雷電山、軍畑駅方面に向かう。
道標はこの様にしっかりしている。

三方(さんぽう)山からの下り道
三方(さんぽう)山からの下り道

矢倉台を過ぎると細い登り下りの道が続き、登山靴・ステッキが必要になる。


辛垣(からかい)城跡
辛垣(からかい)城跡

ここ450mの地に城があったことを説明する看板

雷電山頂上
雷電山頂上

494m。展望は無い。


榎(えのき)峠に向かう下り道
榎(えのき)峠に向かう下り道

階段の道が続く

榎峠
榎峠

青梅を出発してから5時間。山の未舗装道はここで終了し、軍畑駅まで車道を歩く。車・バイクの通行量多い。


感想

 久々のハイキングに青梅丘陵ハイキングコースを選んだ。天気は良く、コース前半はウォーキングと言えるほど緩やかなコースだが、後半はハイキングらしさがしっかりあった。駅から直ぐに開始し、駅まで歩けるのもいい。難点を言えば、前半は国道・鉄道線路に近いため色々な音が聞こえてくること。後半の榎峠から軍畑への道は一般の道路であり、車・バイクが大きな音をたてて走行しているのが気になった。
 服装は薄いシャツに夏パンツ、軽登山靴で問題なかった。榎峠から軍畑に下る時、足が痙攣しそうになったが、ゆっくり歩いたら痛みは無くなった。帰りの電車の中で軽い頭痛を覚えた。疲労しました。

⇑ このページの先頭へ